中野 ワインバー ガレットバン

今回は、先日訪れた中野のイタリアン・バルのレビューを紹介したいと思います。

中野駅北口にある「ガレット・バン」というお店です。

JR中央線・総武線、東京メトロ東西線「中野」北口から、徒歩5分~6分程度。
サンモール・ブロードウェイの通りから1本横に入った飲み屋街「ふれあいロード」の中程にあります。

カウンターに、テーブル席が2席くらいの、あまり大きなお店ではないですが、アットホームで落ち着いた雰囲気が、居心地の良いお店という印象です。

 

チリのスパークリングワインをボトルでオーダーして乾杯しました。
ボトルワインは3,000円程度からラインナップされています。

 

「前菜の5種盛り合わせ」
10種類~15種類くらいから選べる前菜の盛り合わせです。
3種類くらいのお店が多いですが、5種類も選べると迷ってしまいます。
1人飲みのときだったら、この盛り合わせとワインというセットでも、かなり満足感がありそうです。

当日は「キッシュ」、「田舎風テリーヌ」、「魚のマリネ」、「レバーパテ」、「いちじくバター」をチョイスしました。

 

「揚げたてポテトチップス」
シンプルですが、お酒のアテにはちょうど良い一品です。
しっとり感のある部分と、カリッとした部分が、食感が違って飽きずに食べられます。

 

「海老と野菜のフリット」
サックリ感と、フワッと感のある衣のフリットです。
海老、カボチャ、マッシュルーム、ナスの盛り合わせでした。
熱々のフリットと、キリっと冷たいスパークリングが合います。

 

「ベーコンとポルチーニ茸のクリームリゾット」
シメの食事は、クリームリゾットをオーダー。
濃厚なクリームとポルチーニの香り、ベーコンの塩味が相まっていて美味しかったです。
振りかけられているクルミが、食感にアクセントを加えてくれます。
スパイシーな赤ワインと合わせました。

 

今回は、中野駅北口ふれあいロードにあるワインバー・イタリアンバル「ガレット・バン」のレビューを紹介しました。

前情報なしで、ふらっと訪れたお店でしたが、良い意味でこじんまりとした雰囲気で、手作り感のあるワインに合う料理で非常に満足感の高いお店でした。

 

おつまみは300円台からラインナップがあって、全体的に良心的な価格設定でした。

2人でボトルのスパークリングから、グラスのワインなどを飲んで、一人5,000円~6,000円程度でした。
そこまで飲まない人であれば、3,000円程度でも十分満足できると思います。

大人数には向きませんが、お酒の種類も多いですし、2人で飲むには良いお店だと思います。
カジュアルな雰囲気なので、サクッとひとりでワインを飲みたいときにも重宝しそうです。

隣のビルの2階には、席数の多い本店の「ガレット」というお店もあります。

 

地域の特性を活かしたワインは楽天ふるさと納税でも人気の商品です。

 

ガレット・バン
東京都中野区中野5-56-13