倉敷 中華そば あずま

今回は岡山・香川旅行で、2日目の夜に、1軒飲んだ後にシメで訪れた倉敷のラーメン屋さんのレビューを紹介したいと思います。
ラーメンの前に岡山名物や魚料理をアテに飲んだ「浜吉(はまよし)」のレビューは【以前の記事】を見てみてください。

宿泊したホテルの近く、倉敷駅から5分ほど、商店街から1本裏道に入った場所にある「中華そば あずま」というラーメン屋さんです。

 

「中華そば あずま」は以前は違う場所で長年やっていたお店のようですが、倉敷の再開発の影響で閉店、現在の場所に移転して再オープンになったようです。

今は新しい店舗ではありますが、なんとなく趣や歴史を感じさせます。

 

「あずま中華」 ¥800

お店の名前を冠した中華そばをオーダーしました。
「中華そば」が細麺、「あずま中華」が太麺という位置づけのようです。

 

豚骨醤油のスープ。
初めて食べたのに、どこか懐かしさを感じる、ホッとするようなスープです。
旨味もありますが、すっきりと飲める濃度感です。

 

プリっと感のある中太ストレート麺。
ほどよいコシと食感の麺です。

 

トッピングはチャーシュー、メンマ、玉子、もやし、木耳(きくらげ)、ねぎ。
柔らかいバラチャーシューに、味濃いめのメンマ、薄くスライスされたゆでたまご、レア目に茹でられた細めのもやし、食感のよい細切りキクラゲ、多めに盛られた青ネギ。

あまり出会うことのない細めのもやしは、スープに沈めてあげるとよい具合にレア目からミディアムレアくらいの火入れ加減になって、シャキシャキと美味しくいただけました。

 

今回は岡山県倉敷市のラーメン屋「中華そば あずま」を紹介しました。
あっさりと食べられる豚骨醤油で、プリっとした麺と、細めのもやしとキクラゲの食感も楽しめる1杯でした。

倉敷で長く愛されているお店ということもあり、ご年配の夫婦が2人でやっている雰囲気と、どこか懐かしい中華そばが飲んだあとに沁みました。

 

中華そば あずま
岡山県倉敷市阿知2-7-7