高円寺 洋食屋 キッチンカズ

2022年7月21日

先日休みの日のランチで訪れたお店のレビューを書いていきたいと思います。
高円寺の「洋食屋 キッチンKAZU(カズ)」というお店です。

JR中央線・総武線「高円寺」から徒歩7分~8分程の場所にあります。
土日・祝日はJR中央線は高円寺駅を通過してしまうので、休みの日は注意が必要です。

高円寺駅の北口を出て、「高円寺純情商店街」を抜けて「高円寺庚申通り商店街」の中、早稲田通りに出る少し手前にあるお店です。

 

こじんまりとした昔ながらの洋食屋さんの雰囲気です。
店内もレトロな感じかなと思いましたが、入ってみるとオシャレなカフェといったような居心地の良いお店でした。

ハンバーグやオムライス、ナポリタンなど、洋食屋さんと言えばというメニューです。
こういうお店が少なくなっているので、たまに来ると嬉しくなります。

注文したのは「とろとろオムバーグ」です。
2人で行ったということもあり、勢いで「エビフライ」も単品で追加してしまいました。

「とろとろオムバーグ」 1,100円

半熟のオムライスの上に、手作りのハンバーグがのっているテンションが上がるプレート。
想像以上に大きなお皿で来て嬉しい誤算です。
彩りがなぜが小口ネギというのもご愛敬。

厚みはそこまでない小判型のハンバーグにデミグラスソース。
洋食屋さんのハンバーグという雰囲気を醸し出しています。
オムライスのご飯は、少しあっさり目のケチャップライス。
それぞれ単品でも美味しいですが、重すぎないオムライスに、ハンバーグ・デミグラスソースが合わさると、主張し合ってるもののケンカせず、美味しさがマッチします。
口の中いっぱいに、懐かしい洋食屋さんを感じることができました。

セットでスープとサラダがつきます。
こういうのも地味に嬉しいです。

「エビフライ(単品)」 1本 250円

追加で注文したエビフライです。
写真だと分かりにくいですが、メインになれるサイズのエビフライ。
いい意味で変に細工のない、ど真ん中のエビフライという感じです。
サクサクの衣に、玉ねぎのシャキシャキ感を感じるタルタルソースが合います。

「ハンバーグ&エビフライ」と、「とろとろオムバーグ」で迷いましたが、結局すべて食べるというワンパクなランチにしてしまいました。

ファミレスともハンバーグ屋さんとも違う、洋食屋さんのハンバーグを食べれらて、ボリュームもしっかり。
高円寺 洋食屋KAZU(カズ)、また行きたくなるお店でした。

洋食屋キッチンKAZU(カズ)
東京都杉並区高円寺北2-41-14