中野 陸蒸気

今回は先日休みの日の夜に訪れた、中野の炉端焼き・居酒屋のレビューを紹介したいと思います。

中野駅北口の飲み屋街にある「陸蒸気(おかじょうき)」というお店です。
中野では知名度・口コミ評価も高い、比較的有名な居酒屋さんです。

お店の前を通ったり、近くの店で飲んだりしたことは多いですが、先日初めて訪店しました。

陸蒸気(おかじょうき)=蒸気機関車のコンセプトにマッチした、駅看板を模した店頭の看板、古民家?旅旅館?風の建物と雰囲気は抜群です。

1階では大きな囲炉裏で豪快に原始炭火焼・炉端焼きが焼かれています。
1階が混んでいたため、2階に案内されました。
2階は2階で歴史のある旅館のような雰囲気で、旅情と美味しいものが出て来そうだという気持ちがかき立てられます。

(外観、店内の写真を撮り忘れるという失態w)

 

乾杯はビールで。
グラスにも陸蒸気のかわいらしいロゴが。
お通しは2段重ねの小鉢。

 

「もずく酢」
暑い日だったので、さっぱりとしたメニューからスタート。

 

「お刺身盛り合わせ」
白身(鯛)、貝(ホタテ)、光物(カンパチ)、鮪とバランスの取れた盛り込み。
このあたりからドリンクは麦焼酎のソーダ割にしました。

 

「ホッケ」
陸蒸気と言えばの、炉端焼き。
ふわふわで、しっかりと脂が乗ってお酒が進みます。
ろばた焼きならではの、香ばしさがまた良いです。

 

「鰈(かれい)」
カレイの炉端焼き?と思いオーダー。
煮魚的な味付けで来ました。
甘じょっぱい味付けと、柔らかく脂の甘さが美味しい。
皮目の焼き目が香ばしくて、たれとマッチします。

今回は中野の人気店「陸蒸気」を紹介しました。
魚の炉端焼きのランチも人気が高いようです。

雰囲気のある店内で、美味しい魚の炉端焼きを食べるとスイスイお酒も進んでしまいます。
2人でしっかり飲み食いして、1人4,000円程度。
安くはないですが、雰囲気込みで満足できる価格だと思います。

2階の席も旅館のような落ち着きでよかったですが、目の前に囲炉裏のある1階の席はライブ感があって楽しそうでした。
今度は1階席で炉端焼きを見ながらお酒を飲んでみたいです。

陸蒸気(おかじょうき)
東京都中野区中野5-59-3