ふるさと納税 限度額 目安

今回はふるさと納税の限度額の目安について紹介したいと思います。

ふるさと納税では、税金控除の限度額(上限額)が設けられています。
控除上限額は、基本的に収入と家族構成によって、限度額が算出されます。
住宅ローン控除や医療費控除など、ふるさと納税以外の税金控除も限度額算出の要素になってきます。

 

<ふるさと納税 限度額 目安>

サラリーマンなど一般的な「給与所得者」の、ふるさと納税での税金控除の上限額(限度額)を紹介します。
上限額(限度額)を超えないように、ふるさと納税の申し込み(寄付)をすることで、自己負担金を最低金額「2,000円」で利用することができます。

 

■ふるさと納税 限度額 目安①

年収:300万円
家族構成:独身
ふるさと納税の寄付上限金額の目安:28,000円

 

■ふるさと納税 限度額 目安②

年収:500万円
家族構成:夫婦
ふるさと納税の寄付上限金額の目安:49,000円

 

■ふるさと納税 限度額 目安③

年収:1,000万円
家族構成:夫婦+子供(大学生)
ふるさと納税の寄付上限金額の目安:163,000円

 

今回はふるさと納税の限度額の目安について紹介しました。

サラリーマンの方など、一般的に給与所得者とされる方は、年収・家族構成を入力するだけで、ふるさと納税の上限額(限度額)の目安を調べられる「かんたんシミュレーター」が便利です。

【楽天ふるさと納税「かんたんシミュレーター」で限度額を調べる】 【さとふる「かんたんシミュレーター」で限度額を調べる】

 

給与所得以外の株式・不動産などで複数の収入がある方や、住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)・医療費控除など税金控除を受けている方は、該当する項目を入力をすると自動で計算してくれる「詳細版シミュレーター」が便利です。

【楽天ふるさと納税の「詳細版シミュレーター」で限度額を調べる】 【さとふる「詳細版シミュレーター」で限度額を調べる】