倉敷 焼肉

今回は岡山旅行で倉敷に宿泊した際に、初日のディナー利用したお店のレビューを紹介したいと思います。
倉敷駅から5分ほどの商店街の中にある「肉のサトウ商店」という焼肉屋さんです。

 

精肉店に直結・隣接してる焼き肉店です。
肉屋がやっている焼肉屋という謳い文句のお店は東京でもたまに見かけますが、「肉のサトウ商店」は、1階席だと精肉店のショーケース前で肉を焼いて食べることができます。

ショーケースでお肉を見てオーダー、その場で焼けるというスタイルにはテンションが上がりました。
(謎の背徳感もあり)

 

1階席は精肉店の中という感じですが、2階の席や精肉店と隣接した店舗もあるので、そちらの方が落ち着いて焼き肉を食べられるかもしれません。

オーダーは紙に記入する形式で、お肉はグラム単位での注文か何切れという単位での注文ができます。
カットの数でオーダーできるのは、2人で行って5切れの時にどうするか迷うということもなく嬉しいシステムです。

 

個人的に焼き肉で一番好きなガスロースター。
普通のお店より二回りくらい大きなサイズでした。

 

牛タン、ハラミ、サガリなどショーケースで良さげなものをピックアップしてオーダー。

厚切りにも関わらず、噛むとホロリと崩れるくらいの柔らかい肉質の「厚切りサガリ」が個人的には当日のハイライトでした。
焼き肉とステーキの美味さをいっぺんに感じるような"口福感"でした。
おそらくオリジナルのフルーツダレも肉と良くあってビールが進みます。

 

センマイ刺し
(「生センマイ」というメニュー名だったと思う)

新鮮なセンマイ刺しもスマッシュヒットでした。
プルプルするくらいの新鮮さで、噛むとシャキッと歯切れがよく、噛みしめるとジューシーさを感じるほどでした。

 

スナギモ、ミノ、ホルモン、ヨメナカセ
ホルモン系もショーケースで肉の状態を見て選べるので楽しいです。
牛の大動脈「ヨメナカセ」は初めて食べました。
コリコリと楽しい食感でお酒のアテにぴったりでした。

今回は倉敷の焼肉屋「肉のサトウ商店」を紹介しました。
海を見たし魚を食べるかと考えながらホテルの周りを散策しているときに、ふと見つけたお店ですが、入ってみて大正解でした。

二人でしっかり食べて飲んでお会計は1万円程度というコスパにも優れた焼き肉屋さんでした。

 

肉屋の中で焼き肉をするという、肉好きには夢のようなシチュエーションで、肉の状態を見てオーダーできる背徳感。
カット数で注文できるシステムもありがたかったです。
接客してくれたスタッフの方も、肉好きなのが伝わってきてこちらのテンションも上がりました。

ハイボールがなかなか攻めた濃さで、しっかり酔っぱらってしまったのも旅の思い出ということにしたいと思います。

行った日に入荷のなかった部位も結構あったようなので、再訪したいと思っています。
倉敷なのでいつ行けるか分かりませんが。。。

全然岡山グルメ・岡山名物というわけではないですが美味しいお肉を頂ける「肉のサトウ商店」おすすめです。


肉のサトウ商店
岡山県倉敷市阿知2-3-17