FLUX DS

2022年7月21日

今回は2021-2022シーズンでメインで使っていたバインディング「FLUX DS(フラックス ディーエス)」の特徴や購入を決めたポイントなどを書いていきます。

私は初めてマイボードを買ったときから、ずっとBURTON(バートン)のバインディングを使っていました。
21-22シーズンもBURTONのバインディングを買うつもりでしたが、いつも通っているショップの店員さんと相談して、FLUXが魅力的に感じて浮気してみました。

バインディング遍歴としては、BURTON CUSTOM(カスタム)→BURTON BOOTLEGGER ReFLEX(バートン ブートレガー リフレックス)→BURTON MALAVITA EST(バートン マラビータ イーエスティー)→FLUX DS(フラックス ディーエス)になります。

〈FLUX DS 特徴〉

・FLUX ブランド
FLUXは、カーメイトという会社が企画・製造をしているスノーボードブランドです。
カーメイトはもともと日本の自動車用品の会社です。
自動車用品を扱う会社なので、他のスノーボードブランドに比べて、品質や耐久性のテストの基準を厳しく定めているとのことです。
(ショップスタッフさん曰く)
日本発の会社・ブランドなので、日本人に合わせた規格・設計のギアにしているのも特徴です。

 

・FLUX DS ストラップ
「DS」に限ったことではないですが、FLUXのアンクルストラップは、ヒールカップの内側に付いています。
ヒールカップの内側にストラップを付けることで、スノーボードブーツとの隙間が生じにくくなります。
(外側だとヒールカップの厚み分隙間が空く)
これはFLUXが特許を取得している技術らしいです。

 

・FLUX DS フレックス
FLUXの中ではミドルフレックスに設定されています。

 

・FLUX DS 特徴
オールマイティモデルで、フリーランからパーク、パウダーランまで幅広い滑り・コンディションに対応できるモデルです。

ショップで顔馴染みの店員さんから説明を聞く中で、「自動車用品レベルの耐久性」、「特許を取っているストラップ」の2つがFLUX購入のポイントになりました。

次回以降の記事で、実際にワンシーズン使ってみた「FLUX DS」のレビューや評価を紹介したいと思います。

Burtonオンラインストア