エグリプト ステータス

NFTゲーム「エグリプト」では、モンスターの能力は5種類のステータスで表現されます。
(スキルの能力は別として)

<エグリプト ステータス>
・HP(体力)
・Attack(攻撃)
・Defence(防御)
・Magic Attack(魔法攻撃)
・Magic Defence(魔法防御)
・Speed(すばやさ)

HP(体力)、Defence(物理防御)、Magic Defence(魔法防御)、Speed(すばやさ)のステータスは、バトルの中でそれぞれ関わってきます。
しかし、攻撃力を表すAttack(攻撃)とMagic Attack(魔法攻撃)は、どちらか一方しかバトルに関わってきません。

モンスターにはそれぞれ「物理攻撃タイプ」と「魔法攻撃タイプ」が決められています。
「物理攻撃タイプ」のモンスターは、「Attack(攻撃)」のステータスによって相手への攻撃・ダメージが決まり、「Magic Attack(魔法攻撃)」は使わないステータス(=死にステ)になります。

物理攻撃タイプのモンスターは「Magic Attack(魔法攻撃)」が死にステ(使わないステータス)
魔法攻撃タイプのモンスターは「Attack(攻撃)」が死にステ(使わないステータス)

 

「酒呑童子」の場合、魔法攻撃タイプなので「Attack(攻撃)」が死にステ(使わないステータス)になります。

モンスターの攻撃タイプは攻略サイトで調べられます⇒https://gamewith.jp/eggrypto/

 

なんとなくステータス全体の数値が高いとうれしい感じがしますが、できる限り使わないステータス(死にステ)のパラメータが低く、その分必要なステータスに割り振られているモンスターが優れていると言えます。

エグリプトではモンスターの個体差も比較的大きいといわれているので、使わないステータス(死にステ)が低めのモンスターを選んで育てると最終的に、ステータスに無駄の無い強いモンスターになるかもしれません。