エグリプト NFT

2022年7月27日

スマホゲームアプリの「EGGRYPTO(エグリプト)」は、登場する「レアモン」がNFTとして売買できます。
今回はエグリプトの「レアモン」を売買する方法や手順を紹介したいと思います。

今回の記事では
1.エグリプト 売買で事前に用意するもの
2.エグリプト 売買できるマーケット
3.エグリプト 売買の方法
について紹介していきます。

 

<エグリプト 売買で事前に用意するもの>
エグリプトで手に入れた「レアモン」をNFTとして売買するために、下記のように事前に準備することがあります。

・ウォレットアプリ
・仮想通貨取引所の口座

エグリプトで「レアモン」をNFTとして売買するために、事前に準備することの1つ目は「ウォレットアプリ」のインストールです。
ウォレットアプリとは、仮想通貨やNFTを管理するためのアプリです。
初心者でも使いやすく、エグリプトで使用するETH(イーサリアム)系のウォレットアプリの「MetaMask」が安全で使いやすいと思います。
MetaMaskのダウンロードはこちらから→https://metamask.io/

事前に準備することの2つ目は「仮想通貨取引所の口座」です。
エグリプトの「レアモン」をNFTマーケット上で売買するためには、仮想通貨「ETH(イーサリアム)」が必要です。
NFT売買の手数料もETH(イーサリアム)で支払うことになるので、ウォレットアプリ(「MetaMask」など)に送金しておく必要があります。
そのため、仮想通貨取引所の口座開設が必要です。
(既に仮想通貨取引所の口座を持っている方は、エグリプトと紐付けするウォレットアプリへの送金を行えばOKです)
仮想通貨取引所は、最近いろいろなところが増えていますが、「bitFlyer」、「DMM Bitcoin」、「Coincheck」、「GMOコイン」、「BITPOINT」などが有名です。

エグリプトの「レアモン」をNFTとして売買するために、「ウォレットアプリのインストール」と「仮想通貨取引所の口座開設」が必要になりますので、時間があるときに済ませておくと良いと思います。

 

<エグリプト 売買できるマーケット>
エグリプトで手に入れた「レアモン」をNFTとして売買できるマーケットは、現在下記の2つがあります。

・miime(ミーム)
・OpenSea(オープンシー)

1つ目は「miime(ミーム)」というNFTマーケットです。
「miime(ミーム)」は日本のNFTゲームを中心に売買が行われているマーケットプレイスです。
Coincheckテクノロジーズが運営していて、国内のNFTマーケットなので安心して取引ができます。
「miime(ミーム)」のエグリプトNFT一覧→https://miime.io/ja/assets/9

2つ目は「OpenSea(オープンシー)」というNFTマーケットです。
「OpenSea(オープンシー)」は世界最大手のNFTマーケットプレイスです。
世界中で認知されているNFTマーケットなので、日本以外のエグリプトプレイヤーにも「レアモン」を購入される可能性があり、売る時は人の目に触れる機会が多いというメリットがあります。

 

<エグリプト 売買の方法>
エグリプトの「レアモン」をNFTとして売買する方法を紹介していきます。
上記で事前に準備することや、NFTマーケットの紹介をしましたので、具体的な方法や手順を解説していきます。

エグリプト 売買の手順
・「ウォレットアプリ」のインストール→エグリプトのウォレットをインポート
・「仮想通貨取引所」の口座開設
・仮想通貨取引所で「ETH(イーサリアム)」の購入→「ウォレットアプリ」へ送金
・NFTマーケットで「レアモン」を売買

1-1.ウォレットアプリ「MetaMask」をインストール。
MetaMaskのダウンロードはこちらから→https://metamask.io/

使用しているスマホ・端末のアプリストアを選択して、「Install MetaMask for 〇〇」をタップします。
アプリストアで「MetaMask」をインストールします。

「MetaMask」アプリを開いて、「新しいウォレットの作成」をタップします。
「シークレットリカバリーフレーズ」が表示されるので、保管しておきます。
※シークレットリカバリーフレーズを他人に知られると、ウォレット内の資産を抜き取られる危険性があるので、取扱いには十分注意してください。
「MetaMask」の登録が完了します。

1-2.エグリプトのウォレットをMetaMaskにインポート。
エグリプトのウォレットアドレスを確認・コピーしていきます。
エグリプトのホーム画面右上のメニューをタップします(「プレゼント」の右にある「Ξ」のアイコン)
メニューの項目の一番上にあるニックネームが掛かれている部分をタップします。
ウォレットアドレスの横にある「パスワードの表示」をタップします。
本当にパスワードを表示しますか?の確認が出るので「はい」をタップします。
モザイクが掛かった状態で表示されるので、さらにタップするとパスワード(ウォレットアドレス)をコピーすることができます。
※パスワード(ウォレットアドレス)を他人に知られると、レアモン=NFTを抜き取られる可能性があるため、取扱いには十分注意してください。

1-3.MetaMaskにエグリプトのウォレットアドレスを連携。
上記の手順でエグリプトのパスワード(ウォレットアドレス)をコピーします。
「MetaMask」のホーム画面の「Account1」と書かれている丸いアイコンをタップします。
「アカウントのインポート」をタップします。
「秘密鍵の文字列の貼り付け」の部分に、先程コピーしたエグリプトのパスワード(ウォレットアドレス)を貼り付けます。
「アカウントが正常にインポートされました。」と表示されれば、ウォレットアプリ「MetaMask」と、エグリプトのウォレットの連携が完了です。

2.仮想通貨取引所の口座開設。
ETH(イーサリアム)の取引のため、仮想通貨取引所の口座が必要になります。
既に仮想通貨取引所の口座を持っている方は、そのアカウントから送金すれば問題ありません。
口座を持っていない方は、新規で仮想通貨取引所の口座を開設します。
(各仮想通貨取引所によって、口座開設の方法が異なるので、今回の記事では割愛します。)
【仮想通貨取引なら「BITPOINT」】

3-1.仮想通貨取引所でETH(イーサリアム)の購入。
仮想通貨取引所でETH(イーサリアム)を購入します。
使用している仮想通貨取引所により操作は異なります。

3-2.仮想通貨取引所からMetaMaskへ送金。
仮想通貨取引所から、ウォレットアプリ「MetaMask」にETH(イーサリアム)を送金します。
MetaMaskのホーム画面で、ユーザーアイコンの下にある文字列をタップしてMetaMaskのいウォレットアドレスをコピーします。
仮想通貨取引所から「ウォレットアプリのアドレス宛」の送金を選択して、先程コピーしたMetaMaskのウォレットアドレスを貼り付けて送金を実行します。
(この操作も仮想通貨取引所によって異なります)

4-1.NFTマーケットで出品
「miime(ミーム)」、「OpenSea(オープンシー)」などのNFTマーケットプレイスに出品します。
今回は「miime(ミーム)」での出品方法を紹介します。
ブラウザで「miime(ミーム)」へアクセスします。
「miime(ミーム)」のエグリプトNFT一覧→https://miime.io/ja/assets/9
画面右上にあるアカウントのアイコンをタップします(初期状態では人型のシルエットのアイコン)
スマートフォン向けウォレットから「MetaMask Mobile」の「インストール/開く」をタップします。
これで「MetaMask」上で、「miime(ミーム)」を閲覧できるようになります。
MetaMaskアプリ上で、右下の「出品」をタップすると「レアモン」をNFTとして出品することができます。

 

<まとめ>
・エグリプトのNFT売買に必要なものは、「ウォレットアプリ(MetaMaskなど)」と「仮想通貨取引所の口座(DMM Bitcoin、Coincheckなど)」
・エグリプトのレアモン売買のNFTマーケットプレイスは、「miime(ミーム)」、「OpenSea(オープンシー)」
・エグリプトのNFT売買の方法・手順は、ウォレットアプリとエグリプトのウォレットを紐付けして、仮想通貨取引所でETH(イーサリアム)を購入・ウォレットアプリへ送金、NFTマーケットプレイスで出品・購入。

今回は、エグリプトでNFTの売買する手順や方法を紹介しました。
長文になってしまいややこしい印象になってしまったかもしれませんが、手順を追っていけば操作・作業自体は難しくはありません。
無料のアプリで仮想通貨ETH(イーサリアム)を稼げる可能性があるので、暇つぶし感覚でゲームしているだけで、うっかり稼げてしまうかもしれません。
私も「レアモン」ドロップを信じてプレイを続けていきたいと思います。

コインチェック