ベラジョンカジノ 違法

今回は、オンラインカジノ・ベラジョンカジノの違法性・合法性について紹介したいと思います。

日本でオンラインカジノをプレイするすることが、違法か合法かということは気になるポイントです。

 

前提として、ベラジョンカジノのように、ライセンスを取得して合法的に運営されているオンラインカジノについて、違法・合法をチェックするポイントを紹介していきます。

ベラジョンカジノの信頼性については、こちらの記事を参考にしてください⇒【ベラジョンカジノ 信頼性】

 

オンラインカジノ 違法

日本国内で、公営ギャンブル(競馬、競輪、オートレース、ボートレース)以外のギャンブルは違法とされています。

しかし、運営元が海外にあるオンラインカジノは、日本国内でのギャンブルとは見なされず違法性は無いという扱いとなります。

具体的に日本でのギャンブルについての法律を紹介します。
日本のギャンブル・賭博を取り締まる法律は、下記の2つとなります。

■単純賭博罪
賭博をした者を取り締まる法律。

■常習賭博および賭博場開帳等図利罪
賭博をする場所・賭場を提供した者を取り締まる法律。

オンラインカジノでゲームをプレイすると、「単純賭博罪」が適用されてしまうように思えますが、上記の賭博を取り締まる法律は、基本的に賭博の「胴元」を中心に考えられています。

つまり、「胴元」が取り締まられずに、「プレイヤー」のみが取り締まられるということは、非常に考えにくいということです。

 

ベラジョンカジノのように、海外に運営元のあるオンラインカジノの場合、海外でライセンスを取得して合法的に運営されているため、日本の政府が介入して取り締まりを行うということは、ほぼ無いと言って良いほど可能性が低いと考えられます。

合法的に海外での運営がされているオンラインカジノは、運営元=胴元が取り締まられることがないため、プレイヤーだけが取り締まられるということがなく、安心して遊ぶことができます。

オンラインカジノでプレイすることは違法ではありませんが、注意しなくてはいけないこともあります。

パソコン・スマホ・タブレットなどを、他人に貸してオンラインカジノのゲームをさせてしまうと、違法となる可能性があります。

オンラインカジノの場合、パソコン・スマホなどの通信媒体が、プレイする場所=賭博場として扱われます。
そのため、通信媒体を他人に貸したりすることが、「賭博場の提供」としてみなされ、「常習賭博および賭博場開帳等図利罪」にあたる可能性があります。

逮捕されたりというのは極端な例ではありますが、通信媒体の貸し借りをせず、自分のデバイスだけで、オンラインカジノをプレイするようにした方が安全です。

 

ベラジョンカジノ 逮捕

実際にオンラインカジノのプレイヤーが、賭博罪の容疑で裁判となった事例があります。

裁判では、プレイヤーの勝訴・不起訴となりました。

 

2016年にオンラインカジノのプレイヤーが、容疑を掛けられ行われた裁判で、裁判の争点となったのは、「胴元を逮捕できない状況で、プレイヤーのみ逮捕することができるか」というポイントです。

前述の通り、オンラインカジノの場合、海外に運営元があり、オンラインカジノが合法とされている国・政府のライセンスを取得して運営されているため、日本の政府が介入して運営元を逮捕するというのは、ほぼ不可能と言えます。

オンラインカジノの運営元=胴元が逮捕されずに、ゲームのプレイヤーだけを取り締まるということは認められず、裁判でも違法でない≒合法という証明となりました。

 

今回はオンラインカジノ・ベラジョンカジノの違法性・合法性について紹介しました。

オンラインカジノの中には、違法に運営されていて、逮捕される危険性もあるものも存在します。

ベラジョンカジノのように、ライセンスを取得して、合法的に運営されているオンラインカジノは、安心してプレイできるオンラインカジノと言えます。

【ベラジョンカジノ公式サイト】